糖尿病・甲状腺の専門医がいる内科が歯科と連携した堺筋本町内科歯科クリニック

審美歯科AESTHETIC DENTISTRY

セラミック治療で歯を美しく健康に

保険の枠に制限されず、理想と安心を追求

虫歯の治療で詰め物や被せ物を作製する場合、健康保険が適用される材質では歯科用金属(銀歯)やレジン(プラスチック)が使用されます。しかし、見た目の自然さ・美しさや機能性、また身体にも良いものをご希望される場合は、自費治療でのセラミックをおすすめしています。
保険診療の補綴(ほてつ)物が悪い訳ではありませんが、レジンや金属に比べると、セラミックを使用した補綴物の色味は自然の歯に格段に近くなり、健康面での悪影響も軽減されます。
特に前歯など口を開けた時に目立つ部分の場合、審美性の優れたセラミックならとても自然に綺麗な歯に見えるので、見た目を損なうことがありません。

セラミックとは

天然の歯のように自然な色味を再現できます

セラミックは陶材の一種です。天然の歯がもつ透明感やツヤ・色味を再現でき、口内での親和性が高く金属アレルギーの心配がありません。
そのうえ丈夫で、劣化や着色が起こりにくいため再治療のリスクを抑えられます。審美性・機能性ともにとても優れた材質といえるセラミックですが、ここではそのメリットとデメリットを見ていきましょう。

メリット
  1. 天然の歯のように見えるレジンと比較して、透明感やツヤが圧倒的に天然の歯に近く、ご自身の歯の色に合わせて色調を細かく調整することも可能です。治療した部分が目立たず自然に見えるため、審美性に優れています。
  2. 経年劣化・変色がしづらい金属を使用した補綴物では、年数が経過すると金属のイオンが溶け出し歯肉が黒っぽく変色することがありますが、セラミックではこのような変色は起こりません。また、着色により黄ばんでくるなどの変色もほとんどありません。
  3. 虫歯の再発を起こしにくい虫歯は一度治療したら二度と虫歯にならないわけではありません。詰め物や被せ物の隙間から虫歯になることがありますが、セラミックの詰め物や被せ物は特殊な機械で緻密に作製されるため適合性が高く、劣化しづらいことから、隙間などから再度虫歯になるリスクが減少します。
  4. 汚れがつきにくく清潔に保てる銀歯やレジンの場合、傷がつきやすい材質のためそこに汚れが付着することから、虫歯の再発や口臭の原因になります。
    セラミックは表面が硬くツルツルしており、傷や汚れがつきにくく汚れがついても落としやすい材質のため、お口の中を清潔に保つことができます。
  5. 金属アレルギーにならないオールセラミックなどの金属を一切使用していないものならば、金属アレルギーを起こすことはありません。
デメリット
  1. 欠けてしまうことがある非常に硬く丈夫な材質ですが、陶器なので何かが強く当たった場合や、歯ぎしりなどの大きな負荷がかかった場合に稀に欠けてしまう事があります。
  2. 保険適用外(自費診療)保険が適用できないため、保険適用の銀歯やレジン(プラスチック)と比べると治療にかかる費用が高くなります。

セラミックの種類

オールセラミック クラウン/インレー

おすすめの治療部位前歯など目立ちやすく、噛み合わせの負荷が強すぎない歯セラミックだけで作られた被せ物・詰め物です。色の調整ができ透明感もあるので自然の歯に近く、高い審美性を求める方におすすめです。
生体親和性の高い材質で金属アレルギーの心配もない上に、精密な形に作ることが可能なので接合性が高く二次カリエス(虫歯の再発)のリスクも軽減できます。
メリット
  1. 天然の歯のように透明感のある見た目で、審美性に優れている
  2. 経年劣化がしにくく、長年使用していても変色せず綺麗な状態を維持できる
デメリット
  1. 強すぎる負荷がかかると欠けてしまうことがある

ジルコニアセラミック クラウン

おすすめの治療部位奥歯のブリッジなど、負荷が大きくかかる部位審美性の高いセラミックの内側に、人工ダイアモンドに使われているジルコニアを貼り付けたものです。2種類の材料を使用することで、強度が上がり耐久性も向上します。金属よりも硬いのでしっかり噛めます。
メリット
  1. 強度があり、奥歯のブリッジなど大きな負荷がかかる歯でも耐えられる
  2. 光の透過性があるので、天然の歯のような透明感がある
デメリット
  1. 天然の歯より硬いため、噛み合わせの歯に大きな力がかかり負担をかけてしまうこともある

メタルセラミック(メタルボンド)

おすすめの治療部位奥歯や噛み合わせの力の強い部位内側は金属で、外から見える部分にはセラミックを貼り付けた被せ物です。欠けや割れの心配があるセラミックですが、内側を金属で補強することで奥歯などの噛み合わせの強い歯の被せ物としても安心して使用することができます。
メリット
  1. 金属の強さとセラミックの審美性の両方を併せ持つ
  2. 噛む力の強い歯にも使用できる
  3. 歯の変色がほとんどない
デメリット
  1. 稀に金属アレルギーを引き起こすことがある
  2. 見える部分に金属が出ることがある
  3. 色調がオールセラミックより、やや劣る
  4. 前歯の場合は、歯の裏面が金属になる
  5. 歯肉に変色を起こすことがある

ラミネートベニア

おすすめの治療部位前歯などで生まれつき歯が変色している方、歯並びを綺麗に見せたい方歯の表面を薄く削り、薄いセラミックの板を歯科用の接着剤で貼り付けます。ホワイトニングでは漂白し切れない強い着色のある歯や、神経を抜いた歯でも、白さを取り戻すことができます。色の修復だけではなく、歯の一部が欠けてしまった場合にも活用できます。
メリット
  1. 歯を削る量が少なくて済む
  2. 歯の形や色を綺麗に整えることができる
デメリット
  1. 薄いセラミックなので、強度が低く欠けてしまうことがある
内科歯科診察のご予約・お問い合わせ
06-6226-7110

お電話で内科か歯科かお伝え下さい

堺筋本町内科歯科クリニック > 歯科診療 > 一般歯科

内科歯科診察のご予約はこちら

06-6226-7110

初診予約の方のみ

歯科専用WEB予約

top